2016年08月31日

24時間テレビの時期だった?

そういえば、24時間テレビの時期でしたよね?!
私は普段民放を観ないので、全くその感覚がないんです。
でも、ネットのニュースなどから「そういえば」というのと、夫が帰宅してから民放をつけた時に24時間テレビのTシャツを着てバラエティ番組に出演していた芸能人を何回か見かけたので、もうすぐそんな季節なんだなぁとは思っていたのですが、すっかり当日というかその日すら忘れてしまっていました。
バラエティ番組で番宣のためにTシャツを着ているとよくわかりやすいのですが、いつ24時間テレビを放送するのか実は知らなかった私なので、「そういえば、8月の土日はもう終わってしまったなぁ」と今頃になって思うわけです。
そして、「ということは24時間テレビもいつの間にか終わっていた?!」となるわけです。
このようなことからも、全く興味がないということがわかるかと思います。
本当に民放に対して興味がないんです。
先日、入院した時にテレビがあって、時間つぶしにテレビをつけていたのですが、いつも民放を観ない私にとっては、ただペースが乱れる苦痛以外何物でもないものでした。
とにかく、テレビ番組の内容がつまらなすぎます。
意味のないことをただ垂れ流しているだけのような気がしてなりません。
そういったこともあって、より私の民放嫌いに拍車がかかってしまったような気がします。
観られるとしたらニュース番組ぐらいだと思います。
ニュースならまだ見ることができますが、それ以外の特にバラエティ番組なんかただの時間つぶしのような気がしてなりません。
入院中には月9のドラマも見てみたのですが、今まで観たことがないものをいきなり見てもおもしろいわけはなく、とてもつまらないものだと感じてしまいました。
このような私ですので、24時間テレビぐらいは見てもいいのですが、すっかり見のがしてしまって、今年の夏も終わってしまいました。
もう8月が終わると秋ですよね。
気持ちを入れ替えて秋を迎えたいと思います。
posted by yoko at 11:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

パソコンの動きが悪くて困る

最近、私が使っているパソコンの動きが悪くて困ってしまっています。
パソコンがサクサク動かないんです。
特にネットに接続したいような時にすぐに接続しなくて、すごく接続するまでに時間がかかってしまうんです。
今はパソコンを入力している時に入力も追いついてくれてはいるのですが、毎日使い始めの方は入力した文字にパソコンが追いつかなくて、じーっとなって固まってしまんです。
これが最近、毎日のように起こるので本当に困ってしまっています。
どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。
入力したスピードに文字の入力が追いつかないと、それだけでストレスになってしまいます。
入力したものが全然画面に反映されないので、それはもうストレス以外何物でもありません。
簡単に言ってしまえば固まってしまうということになってしまうのですが、本当にもうどうしたらいいかわかりません。
これが毎日のように起こるので本当に苦痛です。
しかも、毎日使う時の初めの時に起こるので、やる気をなくしてしまいます。
せっかく入力しようと思ったのに、それが反映されないんですよ!!
もうこれはストレスになってしまっていて、キーッと言った感じになってしまいます。
といっても、相手がパソコンなので、機械相手にムキになっても仕方ないので、どうしようもないのですが、パソコンに怒っても仕方ないですし。
怒りの矛先がどこに向けていいのかわからなくて、本当に困ってしまっています。
今はパソコンを今日になって使い始めてからだいぶ時間が経つのでもうこういった問題は起きていないのですが、1日のパソコンの使い始めの時にこういったことが起きるので、本当にどうしようもなくて仕方ありません。
パソコンが重いのでしょうか。
私はパソコンに疎いので、本当にこういう時にパソコンに強いと便利だなあとか思ってしまいます。
posted by yoko at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

猫は、実はすごく大人で賢い

うちには猫がたくさんいるのですが、最近、猫は大人なんだということがよくわかるようになりました。
猫はうまれて 1年で人の年齢でいう20歳になります。
その後は1年で4歳ずつ、年を取っていきます。
猫の頭脳は人の3歳ぐらいだそうです。
そういう話を聞いて今までは何とも思わなかったのですが、人間の赤ちゃんと比べると猫がほんとに大人なんだなぁということがわかり、しみじみと、猫は大人だったんだと実感しているところです。
猫の頭脳が人の3歳であるといっても、それは何も問題はないことだということがわかりました。
人の赤ちゃんは本当に赤ちゃんで、何もわかりません。
でも、猫の赤ちゃんは生まれてある程度経ったら、すぐに1人立ちができるようにまでなります。
産まれて1年で20歳になるわけですから、当然、猫の赤ちゃんの方が成長が早いということになります。
一方、人の赤ちゃんは1年で1歳ですので、成長のスピードは猫に比べてはるかに遅いものということになります。
もっとも人は3歳になれば、猫と同じ学習能力に達するわけですから、そこから先は人が追い越すことになってしまいますが、それまでの間が猫と人との間に格差があると考えることができると思います。
大人猫ともなれば、3歳の能力であろうとも、状況を察知して、判断することができます。
判断能力が備わっていて、それは人の3歳とはとても思えないほど立派なものがあるのではないかと思ってしまうほどです。
一方、人の赤ちゃんは親が手間暇かけないと何もできません。
猫の赤ちゃんのようにたくましくはありません。
親がすべてをしてあげないと何もできない状態です。
そういったことからも考えると、猫はやはり野生で生きることを前提とした「動物」であるということを改めて実感しました。
「動物」であるということはそれだけタフでないといけません。
タフでないと、1人で生きていけません。
一方、人はタフにできていなくて、1人で赤ちゃんが生きて行くようなことはできません。
人と猫の違いはそこだと思うのですが、人の赤ちゃんと大人猫を比べてしまうと、どうしても、猫が賢くて大人であるということが際立ってしまうような気がしてなりません。
甘えん坊に見えて、実は猫はしっかりしているようです。
posted by yoko at 13:00| Comment(0) | にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする