2016年09月30日

中3女子生徒が覚せい剤を使用して逮捕される

愛知県岡崎市で中学3年生の女子生徒が覚せい剤を使用した疑いで逮捕されました。
覚せい剤0.1gを自宅で所持していた疑いもあります。
この女子生徒が体調を崩して病院で検査を受けたため、このことが発覚したそうです。
体調を崩していなかったら、このまま覚せい剤を使っていたのかと思うと末恐ろしいです。
中学3年生が覚せい剤を使うとは世も末だと思います。
第一、どうやって覚せい剤を入手するのでしょうか。
中学生でも簡単に覚せい剤が入手できてしまうという現実が怖いです。
普通に生活しているレベルでは、覚せい剤など怪しい薬がまわってくることはまずありません。
そういった話が持ち上がったこともないですし、ましてや現物を見たことすらありません。
普通に生活していると覚せい剤や怪しい薬とは無縁の生活を送ることができるので、覚せい剤を中学3年生が入手できる環境が不思議でなりません。
どのようにしたら、覚せい剤なんてものが手に入るのでしょうか。
よほど悪い友達というか知り合いがいない限り、覚せい剤というものに出会うことはないと思います。
やはり友達というのはとても大切ですね。
悪い友達がいると、そのルートから覚せい剤のような違法なものが手に入る環境に置かれてしまうのかもしれません。
いずれにしても、中学生が覚せい剤を入手できる環境にあるということが、普通では考えられない状況だと思います。
環境というのは大切だと改めて思います。
タグ:中3 女子生徒
posted by yoko at 10:48| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

人民元が国際通貨になる

中国の人民元が国際通貨入りするとのことです。
国際通貨基金(IMF)は10月1日付で加盟国(189カ国)に配分する仮想通貨「特別引き出し権」に中国の通貨、人民元を加えることになりました。
現在、国際通貨はドル、ユーロ、ポンド、円の4つがあります。
特別引き出し権の比率では、円やポンドを上回る比率に人民元はなるそうです。
正直、大丈夫なのでしょうか。
いくら中国の経済が発展して、著しい成長を遂げているからといって、人民元を国際通貨の仲間入りさせてしまっても大丈夫なのか心配でなりません。
中国経済は今、鈍化しているように思えます。
今、景気がいいからといっても、いつ中国経済のバブルがはじけてもおかしくない状態にあると私は思います。
そのため、人民元を国際通貨の仲間入りさせてしまって果たして大丈夫なのかどうか疑問に思います。
人民元を国際通貨入りさせたIMFの判断基準にも疑問を感じずにはいられません。
ただ、人民元が国際通貨入りしたからといって、人民元の流通が国際的に拡大する見込みは少ないと専門家の間では見られているようです。
やはり専門家から見ても不安定なお金として見られているということでしょうか。
人民元が国際通貨入りをしたからといって、手元に人民元を置いたり、人民元の外貨預金をしたいかどうかと聞かれたら、NOと言わずにはいられません。
posted by yoko at 10:09| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

農業での死亡者が建設業の2倍

農業で死亡する方が建設業の2倍にものぼるということがわかりました。
一見、農業は危険度が少なくて、建設業は高いところにのぼったりするので、はるかに危険度が高いというイメージがあるかと思います。
確かに建設業は高いところにのぼったりするので、転落したりして負傷者や死亡者が出てしまうこともあります。
でも、なぜ見た目は危険度の少ない農業の方が死亡者が多いのでしょうか。
それは農業を行っている方が高齢者が多いということが大きな理由としてあげられます。
農業は後継ぎがいなくて、高齢者が行っているというイメージはありますよね。
高齢者が行っているため、判断能力が衰えて、事故につながるといったケースも多くあるようです。
たとえば、トラクターの運転中にトラクターが乗り上げてしまい、トラクターの運転席から放り出されてトラクターの下敷きになってしまったというケースもよくあるそうです。
また、こういった事故が起こった時に、広い農地での出来事なので発見するのが遅れてしまって、死亡につながってしまうケースもあるようです。
これは農業だからこその問題を含んでいると思います。
農業の高齢化が進んで、若い人が農業をしないということが原因にあるかと思います。
農業に若い人が積極的に参加しない限り、この問題はこれからも続くのではないでしょうか。
posted by yoko at 11:00| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする