2016年10月22日

副業や兼業がOKの会社が増えつつある?

ここ最近、副業や兼業を認める会社が少しずつ増えてきているそうです。
最初のうちは、それは早期退職を促すものとして位置づけられていたようですが、最近では違った視点で副業などを企業は捉えているようです。
副業や兼業をすることによって、個人のセーフティネットとして収入源やネットワークを増やすことができます。
会社に頼らず、別のスキルや余生を楽しめる分野を身につけてもらおうと考えている企業が増えているようです。
確かに、副業や兼業をすることによって、その会社だけでなく、違う世界が広がりますよね。
その会社にだけだと視野が狭くなってしまいがちですが、違う世界を見ることで視野が広がり、結果、企業にも良い効果をもたらすということが考えられます。
今の時代、視野が広い人材の方が重宝されると思います。
1つの物事を色々な視点から見ることができる人の方が人材として価値があると思います。
そうした意味でも、副業や兼業をすることで、視野が広がるというのはとても良いことではないでしょうか。
もっとも、副業や兼業に力を入れすぎて、本業がおろそかになってしまうということを防ぐ必要はあるとは思いますが、本業がおろそかにならない限り、副業や兼業は認めても良いのではないでしょうか。
こういった動きが他の企業にも広がるといいですよね。
色々な働き方という点でも、副業や兼業は積極的に行っても良いのではないでしょうか。
タグ:兼業 副業
posted by yoko at 10:17| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

USJと日本人形

USJが神社に供養のためにおさめられた日本人形を借りて、それでお化け屋敷を作ったことに波紋をよんでいます。
日本人形協会から猛抗議を受けているそうです。
日本人形というと、なにかと思い入れがある人が多いと思います。
その思い入れのある日本人形を捨ててしまうわけにはいかないので、神社に供養と言う形で納めたんだと思います。
しかし、それがお化け屋敷で使われているとなっては、日本人形を供養のためにおさめた人にとっては、納得がいくものではないと思います。
USJに日本人形をお化け屋敷に使った神社というのが、どうやらクセモノのようです。
この神社というのは、人形供養で知られる和歌山県の淡嶋神社で、日本人形協会と以前と考え方が違うということでやりあっているみたいです。
そういった経緯もあって、今回のような出来事が起こってしまったというのもあるようです。
この神社に日本人形を供養したわけではない人にとっても、供養のために人形をおさめて、まさかお化け屋敷に使われるとは夢にも思っていないと思います。
怖いもの見たさでこのお化け屋敷に行く人もいるかもしれませんが、日本人形をお化け屋敷に使うという感覚がちょっと私にはないので、今回の出来事は貸し出した神社にも問題があるのではないかと思ってしまいます。
posted by yoko at 13:11| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

大阪のわさびテロのその後の波紋

大阪のミナミの人気寿司店が外国人観光客に対して、わさびをたくさん入れたという出来事がありました。
外国人観光客というのは、どうやら韓国人に対してということで、韓国に対してシビアな日本では話題になりました。
ネットでは、寿司屋を非難する声や擁護する声などがありました。
ただ、寿司屋の言い分としては、外国人観光客はわさびを多くすることを多くの場合希望するので、多くわさびを入れたということでした。
確かに、外国人観光客はわさびが珍しいのか、日本で寿司などを食べる時、わさびを多く希望する声が多いそうです。
希望する人が多いなら最初から多くいれてしまおうという寿司屋の言い分もわかるような気がします。
でも、真偽はわかりませんが、わさびを多くわざと韓国人だけに対して入れていたという話も上がっていることから、そういう風に思われるようなことをしたのはまずかったのではないかと思います。
この出来事はこれで終わるかと思いきや、これでは終わりませんでした。
後日、その出来事が起こったミナミの寿司屋に、韓国人のメディア関係者が、アポなしでその店に突撃取材をしたそうです。
寿司屋は「他のお客さんがいるから撮影は困る」と答えたそうですが、それにもかかわらず、動画撮影を続けたそうです。
また、その寿司屋の他の店舗にもアポなしで突撃取材をして、謝罪を要求したそうです。
こういった感覚は日本人にはないと思います。
そもそも、わざわざ日本に来て、そんな些細?な出来事を突撃で取材するでしょうか。
そのよくわからないエネルギーに或る意味、感心してしまいます。
もっとそのエネルギーを他のところに使った方がいいのにと思ってしまいます。
その寿司屋さんはアポなしで撮影をされて、さぞかし困ったことでしょう。
営業妨害ということで警察に通報してもいいレベルだと思います。
寿司屋さんのしたことは正当化できることではありませんが、後日の起こった出来事を考えると、国や文化が異なると、こんなに違うのかとつくづく考えさせられる出来事だったと思います。
posted by yoko at 13:00| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする