2016年10月03日

カナダで行方不明の女性が遺体で発見される

カナダのバンクーバーで行方不明になっていた女性が遺体で発見されました。
最悪の結果で発見されてしまいました。
この女性はバンクーバーに留学していたそうです。
どうやら男性と2人きりになっていて、その男性に殺されてしまったようです。
男性はカナダに住む現地の人で、英会話カフェで日本女性に声をかけまくっていたという情報もあります。
その男性に殺害されてしまった女性は引っかかってしまったようです。
留学中というのは気がゆるんでしまうのでしょうか。
日本にいる時であれば、知らない男性に声をかけられても、普通は無視して終わりだと思います。
軽々しくのこのこと知らない人についていくことはないと思います。
でも、海外に行くとどうしても気が緩んでしまって、日本ではしないようなことをしてしまう傾向が見られるような気がします。
また、日本は諸外国に比べて、とても治安がいい国です。
そして平和ボケしているところがあります。
その日本の感覚で外国に行くと、ひどい目に会ってしまいます。
バンクーバーも治安がいいとは言われている場所ではありますが、日本とはやはり違って外国なので、日本にいる時よりも十分に警戒する必要があったように思います。
そして、日本人は平和ボケしているので、危険な目に会うということを予想することがなかなかできないと思います。
殺害した男性がもちろん1番悪いのですが、外国に行く時には警戒心をもって、行動すべきだと改めて思い知らされた事件だと思います。
posted by yoko at 11:14| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする