2016年10月10日

中国産の一部の松茸に注意

今年も松茸の時期になりました。
松茸というと、高級品でなかなか食べることができないものだと思います。
スーパーなどで売られている松茸でも比較的手が届きそうなものは中国産の松茸です。
国産の松茸は高価なので、仕方なく中国産の松茸を購入している人も多いのではないでしょうか。
中国産の野菜というと、どうしてもマイナスのイメージしかなく、買うのに躊躇してしまいますよね。
でも、松茸は高いので、松茸は仕方なく中国産を購入して、松茸を楽しむという方もいらっしゃると思います。
中国産の松茸ですが、注意しなければいけないことがあるそうです。
北朝鮮産の松茸が、中国を経由して中国産として日本に輸入されているものがあるそうです。
北朝鮮に近い吉林省を経由して中国産の松茸となるそうなので、吉林省の松茸は北朝鮮産の松茸の可能性が多いにあるそうです。
また、そういったことが認識されているため、雲南省の松茸であるかのように見せかけて日本に入ってくるものもあるそうです。
最近では、雲南省や上海を経由して、北朝鮮産の松茸が日本に入ってくるケースも多いそうです。
そのため、中国産の松茸と思って購入して、実は北朝鮮産だったという可能性もあるので、注意が必要です。
北朝鮮産の松茸をどうして買ってはいけないかというと、その利益は核やミサイルなどの資金源になってしまいます。
そういったものに加担してしまうことになるので、北朝鮮産の松茸を買うことは犯罪に加担していることと同じということになります。
吉林省や雲南省の松茸には十分注意して、購入するかどうか判断したほうがよさそうです。
posted by yoko at 11:38| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする