2016年10月11日

ハリケーンが直撃したハイチ

ハリケーンがハイチを直撃しました。
いまだに詳細がつかめていないようで、死者は1000人を超えるとも言われています。
死者の数が把握できないような状況のようです。
また、二次災害の恐れが懸念されています。
汚染された水からコレラの感染が懸念されています。
今までにコレラで死亡した人が確認されています。
そのため、今後、ハリケーンで助かった人がコレラに感染して死亡する可能性が出てきているような状況です。

日本にいるとハリケーンと言われても、ピンときませんよね。
日本でも台風による被害は毎年ありますが、ハリケーンはそれをはるかに超える被害をもたらすものだと推測することができます。
コレラに関しても、日本では縁のないものだと思います。
コレラによる死者が世界ではまだあるということを知っておかないといけないかもしれません。
先進国でない国に渡航する場合に、こういった情報も知っておくべきでしょう。
遠い国の話で、日本には関係のないような話に聞こえてしまうかもしれませんが、今も世界のどこかではこういったことで苦しんでいる人がいるということを知っておく必要があると思います。
日本にいると安全で衛生面も問題ないので、よそごとのように思えてしまいますが、世界にはこういった問題を抱えている国がまだたくさんあるということを知っておく必要があります。
ハイチが今回のハリケーンの被害で落ち着くのはいつのことになるのでしょうか。
コレラの二次災害の問題も浮上してきているので、当分落ち着くことはなさそうです。
posted by yoko at 11:47| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする