2016年10月23日

草食男子という言葉ができて10年

今年で、草食男子という言葉ができて10年経つそうです。
草食男子という言葉を聞くと、頼りない、弱弱しい、積極的でないなどどちらかというとネガティブなイメージがあるかと思います。
でも、実は10年前に草食男子という言葉が作られた時には、そのような意味を持った言葉ではなかったそうです。
10年前に草食男子という言葉が作られた時は、バブル世代や団塊世代の男性から否定されていた20、30代の男性たちを肯定するためにその言葉が作られたそうです。
草食という言葉も、日本人に根づく仏教マインド(不殺生など)に基づいてポジティブな意味合いでつけられたそうです。
ところが、その後、女性雑誌などで間違った使い方をされるようになったため、草食男子という言葉は今のような否定的な意味合いを持つ言葉へと変わってしまったそうです。
私もずっと草食男子という言葉は弱弱しいイマドキの男性を指す言葉だと思っていました。
草食男子が増えたために、未婚率も増えたなどと思っていました。
でも、それは本来、草食男子という言葉ができたものとは違った使い方をしていたというわけです。
草食男子=イマドキの男性という図式ではないというわけです。
ただ、間違った意味合いで、草食男子という言葉は世の中に浸透してしまったので、今さら、この言葉が作られた本来の意味に戻すことは難しいかと思います。
時を経て、本来の意味と違った言葉になってしまうような言葉というものも、もしかしたら結構多くあるのかもしれませんね。
posted by yoko at 10:58| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする