2016年10月24日

ハロウィンで渋谷の一部が歩行者天国に

今は10月、街はハロウィンで飾られています。
ハロウィンというのは日本ではなじみのないもので、ここ何年かで急に日本でもハロウィンが普及したイメージがあります。
といっても、ハロウィンを積極的に取りいれているのは、商売をしているお店などであって、一般の人には馴染みがいまだにないものだと思います。
私も一応、ハロウィンの飾りを玄関にかけているのですが、その程度です。
特にハロウィンだからといって、何かをするわけではありません。
おそらく、他の人も私と同じような程度だと思います。
しかし、若者は違うようです。
ハロウィンの季節になると、六本木や渋谷などで仮装した若者が出現するようになりました。
ハロウィンということで、仮装して街に繰り出すのが流行っている?ようです。
特に渋谷ではハロウィンで人があふれてしまい、道路が人でさまたげられてしまうそうです。
そのため、今年は、渋谷の一部で歩行者天国にするそうです。
確かに、車の妨げになるのであれば、歩行者天国にして、緩和した方が良いかと思います。
ハロウィンの期間中、カメラを搭載した警察官やDJポリスを出動させて数百人態勢で警備にあたるそうです。
そんな大規模なんですね。
渋谷のハロウィンは私たちの想像以上の規模で盛り上がるということでしょうか。
posted by yoko at 11:34| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする