2016年11月03日

普及しつつある宅配ポスト

ネットが普及して、それとともにすごい勢いでネットショッピングの利用が広がっています。
家にいてポチッとボタンを押せば買い物ができるので、ネットショッピングほどラクな買い物はないのではないでしょうか。
わざわざ店舗まで行く必要がないので、時間がない人や忙しい人にはネットショッピングは強い味方です。
ネットショッピングは幅広い分野を扱っていて、ネットスーパーなどもあるので、生鮮食品も買うことができるのでとても便利だと思います。
そんなネットショッピングの普及により、それを宅配する人が必要となってきます。
それを担う人が宅配業者です。
宅配するものはネットショッピングの普及により、大幅に増えているそうです。
ただ、宅配業者の頭を悩ませるものがあります。
それは不在です。
宅配便の約2割が不在で再配達になるそうです。
これは年間で約1.8億時間の労働時間、9万人分の労働力に相当するそうです。
確かに、私も不在届がよくポストに入っているので、人のことを言えないのですが。
こうした損失を回避するものとして登場したのが宅配ポストです。
宅配ポストは現在試験的に駅などに設置されていて、効果を上げているそうです。
これにより、宅配ポストが今後普及することになりそうです。
宅配ポストであれば、時間を気にすることなく、指定された駅に設置されている宅配ポストから荷物を受け取ることができるので、駅を利用するよく家をあける人にとっては便利なものとなるに違いありません。
posted by yoko at 10:23| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする