2016年11月05日

はごろもフーズの缶詰にまたもや虫が混入?

はごろもフーズといえば、誰もが知っている有名な缶詰の会社です。
はごろもフーズの缶詰には1度はお世話になっているのではないでしょうか。
そんなはごろもフーズの缶詰に、2014年12月製造のツナ缶にゴキブリとみられる昆虫1匹が混入していたという騒ぎが起きています。
そして、さらに、2015年7月に製造し、岡山県倉敷市内のスーパーで販売されたフルーツの缶詰にクモとみられる虫1匹が混入されていたことがわかりました。
もう踏んだり蹴ったりですよね。
ゴキブリの次は、クモが入っていたなんて、はごろもフーズの経営が傾いてしまう事態にもなりかねません。
はごろもフーズの初期対応の悪さが今回、まずかったとも世間では指摘もされています。
いずれにしても、缶詰に虫が入っていたら、そんな缶詰は食べたくないですよね。
虫が入っているのではないかと思うと、怖くて缶詰を買うことなんてできなくなってしまいますよね。
食品を扱う工場などでは、やはりそういった衛生面においては徹底して欲しいと思います。
やはり衛生的に問題のないものを食べたいと誰もが思うはずです。
虫などは言語道断です。
今後はこういったことがないようにはごろもフーズをはじめ、食品を扱う各社には気を使って欲しいと切に思います。
posted by yoko at 09:55| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする