2016年11月07日

野菜高騰の中での救世主「発芽野菜」

今年は天候不順が続いたため、野菜が高騰していて、食卓が悲鳴をあげています。
野菜は毎日食べるものなので、食卓には野菜は欠かすことができません。
しかし、野菜が高騰しているため、そう簡単に野菜を買うことが難しくなってしまっている状況です。
さらに、冬は野菜が普段でも高くなる時期ですよね。
これからますます野菜が高くて、買うことに躊躇してしまうということになってしまうのではないでしょうか。
こうした野菜高騰の救世主となるのがもやしや豆苗など発芽野菜(スプラウト)と呼ばれる野菜です。
これらの野菜は工場で作られているので、値段が安定しているのも魅力の1つだと思います。
もやしは安くて、料理でかさましもすることができるので、すごく助かりますよね。
また、豆苗は栄養がたくさんあって、それでもって100円前後買うことができる野菜なので、本当に重宝する存在だと思います。
もやしや豆苗は豆類で、豆類は、たんぱく質やビタミンB群を含んでいます。
それに加え、さらに葉物野菜に含まれるβカロテンやビタミンCももやしや豆苗には含まれているので、栄養面でも助かる野菜です。
まさに野菜高騰の救世主といえる存在なのではないでしょうか。
posted by yoko at 11:08| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする