2016年11月13日

高齢者ドライバーによる事故が多発

高齢者ドライバーによる事故が多発しています。
高齢者になると、運動神経がどうしても鈍くなってしまうので、普通の人よりどうしても事故を起こしやすくなってしまう傾向にあるようです。
高齢者といっても、幅が広いので一言では言えませんが、運動神経が鈍くなったと自分で感じたら、運転免許証を返却するぐらいの勇気と自覚を持ってほしいと思います。
とはいえ、田舎の方にいくと特に車しか足がないことが多いと思います。
車という足がなくなってしまうと、生活に支障をきたしてしまうということ事実としてあります。
足がなくなってしまうと、家に引きこもりがちになってしまい、ボケなど認知症になってしまう可能性が高くなってしまうという現実もあります。
都会であれば、車がなくても電車などで買い物や出かけることができるので運転を自粛してもいいのでしょうけど、田舎だとそのようなきれいごとを言っていられないというのもあるのかもしれません。
とはいえ、自己を起こしてしまっては元も子もありません。
自分が加害者になってしまうというのを忘れないで欲しいです。
人を殺してしまう可能性もあるわけですから、高齢者になったら運転は危ないと自粛して最低限に控えるようにするなど工夫をして、少しでも高齢者による運転事故を減らせるようにしてもらいたいと思います。
posted by yoko at 12:02| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする