2016年11月25日

三越伊勢丹から客離れが進む

中国人によるいわゆる爆買いが終息をむかえ、デパートは窮地に追い込まれているようです。
伝統のある三越伊勢丹もその例外ではありません。
三越伊勢丹も爆買いが終わって、客離れが進んでいるようです。
私が子ども頃は休日などにデパートに行くというのは楽しみの1つでもあったと思います。
そんな時代でした。
デパートには憧れがあった時期もあったと思います。
三越はとても歴史のあるデパートですが、伊勢丹と合併してから、あまり私は三越に魅力を感じなくなってしまいました。
また、伊勢丹といえば、新宿の伊勢丹が憧れ的な存在であった人が多かったと思いますが、新宿の伊勢丹にも魅力を感じなくなってきてしまいました。
こうした背景には、大型ショッピングモールが次々とできたことも関係しているのではないでしょうか。
デパートにはデパートの良さがありますが、人混みの中、わざわざ休みの日に出かけるのも億劫に感じるようになってしまいました。
その点、ショッピングモールであれば車で気軽に行くこともでき、服なども買うことができますし、他にも色々なお店がテナントとして入っているので、ショッピングモールでことが足りてしまうというのも、デパートにお客さんがいかなくなってしまった原因でもあるのではないでしょうか。
三越伊勢丹はかなり厳しい状況のようで、地方の三越伊勢丹の縮小を検討する段階に入ってしまっているようです。
何かこれといった魅力があるものがあれば、客離れも少なくて済んだのではと思わずにはいられません。
posted by yoko at 10:48| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする