2016年11月29日

餅つき大会が規制の方向へ

お正月といえば、餅つき大会がありますよね。
自治体などが運営した餅つき大会が各地で行われると思います。
しかし、衛生面の問題から、この餅つき大会が規制され始めているそうです。
お正月にお餅をついて、お餅を振る舞うというのは、伝統的な行事だと思います。
それに規制がかかるということで、戸惑いや反発の声が出ているようです。
確かに、屋外テントで素手でお餅を触るので、衛生面で良くないかもしれません。
また、食中毒という可能性も否定できません。
しかし、日本の伝統行事の1つである餅つき大会のような行事が規制されるというのはとてもさみしいことだと思います。
「餅つき大会ぐらいおおめに見てくれても」と思わずにはいられません。
こうやって、伝統行事は消えていってしまうのでしょうか。
衛生面なども大切なことだと思いますが、もっと伝統行事を残すということを考えて、規制などをして欲しいと思います。
何でも規制をすればいいというものではないと思います。
1つでも多くの伝統行事は残して、後世に伝えていくべきだと私は思います。
ラベル:餅つき大会 規制
posted by yoko at 09:30| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする