2016年11月16日

配偶者控除の引き上げ?

配偶者控除の引き上げが検討されているそうです。
今までは夫の年収に関係なく、配偶者控除というものがありましたが、今検討されている案は、夫の年収によって異なるものになっているようです。
現在、配偶者控除は103万円以下となっていますが、これを130万円もしくは150万円に引き上げる案が出ているそうです。
この案では夫の給与に左右されるものになるそうで、夫の年収が1320万円以下の場合、配偶者控除の対象となるのは130万円という案と、夫の年収が1120万円以下の場合、配偶者控除の対象となるのが150万円という2つの案が検討されているそうです。
この2つの案を中心に配偶者控除について議論される模様です。
今までは夫の年収の金額に関係なく、103万円という壁があったため、妻は妻の年収を調整して仕事をしていた人も多かったと思います。
でも、今の案では夫の年収が関係してしてきますし、103万円から130万円もしくは150万円と金額が引き上げられるため、少しは妻も仕事を増やすことができるようになるのではないでしょうか。
女性も活躍できる世の中にというのを前面に打ち出していますが、女性が働けるような世の中にするためには、このような配偶者控除も確かに議論が必要ですが、それよりも、女性が結婚・出産後も働けるような社会を作ることの方が効果があるのではないでしょうか。
子どもを保育園に預けることができないために、出産後、働くことを断念する女性も少なくありません。
こういったことに対して対策を打つことの方が大切だと思います。
このままだと、少子高齢化は止めることができません。
一刻も早く、少子化を止める対策をする必要があると思います。
posted by yoko at 11:24| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。