2016年11月15日

イタリアで離婚が急増

イタリアでは、2015年の離婚は8万件を超え、前年比57%増となったそうです。
57%増とはすごいですよね。
びっくりしてしまうような数字だと思います。
このように急増した背景には法改正があるようです。
イタリアでは離婚するために、3年の別居期間が条件だった離婚手続き開始を、場合によっては半年にする法改正があったため、離婚する条件が緩やかになったことが離婚が急増した背景として考えられるそうです。
半年の別居で離婚ができるとなると、それは増えるはずだと思ってしまいます。
半年というのは少し期間が短いのではないでしょうか。
でも、別居することが条件の1つにあるということですから、その点は日本とは異なるものだと思います。
日本では別居していることは離婚の条件には含まれていません。
しかし、イタリアでは別居することが条件に含まれているため、別居をしなくてはいけないということになります。
とはいえ、前年比57%増というのはいくらなんでも増えすぎなのではないでしょうか。
そんなに隠れ離婚予備軍がいたということでしょうか。
せっかく縁があって結婚をしたのですから、そう簡単に離婚しないようにしてもらいたいというのは、国は関係なく思ってしまいます。
どうしても仕方がない時にだけ離婚はしてもらいたいものです。
イタリアで気軽に離婚ができるということでカジュアルに離婚というのはやめてもらいたいと思います。
こういう悪い流行りはどうしても日本にも上陸しかねないので、日本でも離婚がブームにならないことを祈るばかりです。
posted by yoko at 10:52| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

博多駅前で道路が陥没

博多駅前の道路が陥没するという出来事が起こりました。
その場所は博多駅のすぐそばということで、道路が陥没したことで、多大なる混乱や障害が生じたと思われます。
幸い、午前4時という人のいない時間だったので、死傷者は免れました。
しかし、これが昼間など人のいる時間に起こったと思うとゾッとせずにはいられません。
死傷者が出てもおかしくないぐらい、道路が陥没しています。
車が走っていたら、車ごと、真下に落ちてしまって大変なことになってしまったと思います。
道路が陥没した原因は、岩盤が見込みよりもろかった可能性があるとしています。
市営地下鉄延伸の工事現場上で起こったということで、今後の地下鉄の延伸工事にも影響が出そうです。
掘り進めていた岩盤の上部が少しずつ崩れて水が漏れ出し、急激に陥没したそうで、作業をしていた人はそれに気が付いたのが良かったと思います。
崩れだしたことに気が付いて、応急処置を行ったらしいのですが、それでは間に合わず無理だと判断し、作業員は退去したそうです。
作業員の方が退去できて、本当に良かったと思います。
現場でマニュアル通りに動くのではなく、その場で正しい判断ができたことが良かったのではないでしょうか。
道路が陥没したため、周辺のビルなどに避難勧告がされていて、まだ避難勧告が解除されていないビルもあるそうです。
生活や仕事に影響が出てしまっているのは残念ですが、これだけ大規模の道路の陥没にもかかわらず、死傷者がいなかったということは不幸中の幸いだったのではないでしょうか。
posted by yoko at 10:05| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

救急車を呼ぶか迷った時には

救急車を呼ぶのは、近所の人に知られてしまうということもあって、なかなか勇気のいることだと思います。
おそらく普通の人はこういった感覚だと思います。
でも、中には、救急車をタクシー代わりに利用している人もいるという現実もあります。
救急車を呼ぶほど必要に迫られているかどうかわからないときは、119に電話する前に電話できるところがあります。
東京の場合、#7119に電話すると、電話で今の症状を聞いてくれて、救急車を呼ぶべきか判断してくれます。
私も実際にここを使ったことが2度あります。
自分の中では救急車を呼びたいぐらい症状が悪いのですが、一方で救急車を呼ぶというのは大げさではないかと思い、この#7119を利用しました。
#7119に電話すると、詳しく症状を説明することになります。
症状を説明できないぐらいの状態であれば、救急車を呼んだほうがいいと個人的には思います。
意識がはっきりしていないと、#7119で症状を詳しく説明を求められるので、説明ができないということになります。
電話で症状を詳しく聞かれたあとに、「しばらくお待ちください」ということで、電話が保留になって、電話の向こうでは話し合い?がもたれ、救急車を呼ぶべきか判断が下されます。
私の場合、2回とも救急車を呼ぶ必要がないと判断されましたが、1回はどうしても耐えられなかったので、救急車を呼んでしまいました。
#7119では適切な判断が下されると思うので、救急車を呼ぶかどうか迷ったら、電話してみるのがいいと思います。
もっとも私のように、#7119に電話で聞いたにもかかわらず、救急車を呼んでしまう場合もあるかと思いますが。
救急車が本当に必要な人が救急車を呼べるようにしていく必要があると思います。
posted by yoko at 10:23| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする