2016年08月14日

リニューアルしたジャングルクルーズ

東京にはディズニーランドとディズニーシーがありますよね。
私はディズニーシー派なので、どうしてもいつも行くとしたらシーの方に行ってしまいます。
シーはイタリアの雰囲気がして、大人の感じがして好きなんです。
シーはアトラクションが点在していて、アトラクションに乗るためには、たくさん歩かないと次のアトラクションに行くことができません。
一方、ディズニーランドはアトラクションがすぐ隣同士になっていて、すぐに次のアトラクションに乗ることができます。
ディズニー(オリエンタルランド)というのは企業努力をちゃんとする会社のようで、ちょっとずつリニューアルしながら進化しているのがディズニーだと思います。
そんなリニューアルしたアトラクションの1つとして、昨年ぐらいにジャングルクルーズもリニューアルしました。
ジャングルクルーズというと、船に乗って、おもしろいアナウンスを聞いて、作られたジャングルを探検するアトラクションです。
アナウンスがおもしろくて、初めて乗った時にはとてもウケた記憶があります。
このジャングルクルーズもやはりオープンしてからずいぶん年数が経つこともあって、毎回同じアナウンスを聞いていてもそんなにおもしろいものではないのかもしれません。
ということもあるのかしりませんが、昨年リニューアルして、ジャングルクルーズが新しくなりました。
リニューアルした当初は、ジャングルクルーズに乗るのにすごい時間並ばないといけなかったようですが、今ではだいぶ落ち着いているようです。
リニューアルしたジャングルクルーズに行ってみたいのですが、何せシー派なので、ランドに行く機会がなかなかなくて、ジャングルクルーズにいまだに行けていません。
近いうちに行ってみたいとは思っているのですが、なかなか行く機会というものもなくて行けないままです。
ちなみに、リニューアルしたジャングルクルーズは以前と同じようにおもしろいようです。
いつランドに行く機会があるかわかりませんが、いつかはリニューアルしたジャングルクルーズに行きたいと思っています。
posted by yoko at 09:00| Comment(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

ジャングル・ブックのあらすじを勘違い?

映画「ジャングル・ブック」の実写版が公開されました。
それに先駆けて、ディズニーチャンネルではアニメ版の「ジャングル・ブック」が先日放送されました。
アニメの「ジャングル・ブック」は日本では1960年代に公開されたそうです。
どうりで、映像が古くて、しかもナレーターとか声優とかが古臭くて、「???」と感じてしまったようです。
アニメの「ジャングル・ブック」を観ていて、自分があらすじを勘違いしていたことがわかりました。
どうやら私は全く「ジャングル・ブック」のストーリーというものを知らなかったようで、しかも「ターザン」と混じっていたようです。
ターザンは動物に育てられる話ですよね。
「ジャングル・ブック」も狼に赤ちゃんが育てられる話なのですが、根本的に話が違うんです。
ターザンは育てられる過程の話ですが、「ジャングル。ブック」はそうではなく、人間の子が動物の群れにトラが戻って来るので、それに動物の親たちが恐れて、人間の子を人間のいる村まで連れて行くという過程の話のようです。
なので、動物に育てられるというところは共通しているのですが、まったく違う話のようです。
アニメ版の「ジャングル・ブック」を観ていて、それに気がついてしまって、私はまったく「ジャングル・ブック」について知らなかったということに改めて気づかされました。

きっと映画の実写版の「ジャングル・ブック」を観に行った人の中にも私のような人が多くいるのではないかと想像ができてしまいます。
ストーリーをある程度知った上で、映画を観に行くというのも必要なのかもしれませんね。
posted by yoko at 11:00| Comment(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

上海ディズニーランドが2016年春にオープン予定

上海ディズニーランドが2016年春にオープン予定です。
上海ディズニーランドは世界で12番目のディズニーパークです。
本当は2015年末の開業予定だったのですが、工事の関係で遅れに遅れての2016年春のオープンになるようです。
上海ディズニーランドには6つのテーマランドがあるそうです。
その中でも世界初のパイレーツ・オブ・カリビアンのテーマランドがあるそうです。
その他、目玉と思われるものに、フロリダのアニマルキングダムにある激流下りのアトラクションがあるようです。
また、カリフォルニアとフロリダにある大型スクリーンで爽快なグライダー飛行が楽しめるアトラクションもアジア初としてあるようです。
実は私はフロリダのディズニーワールドに2回行ったことがあって、さきほどの2つのアトラクションに乗ったことがあります。
フロリダの激流下りはびしょ濡れになりました。
フロリダの気候からしてびしょ濡れになってもすぐに乾くのでいいのですが、それは上海の気候ではどうなんでしょうか。
上海とフロリダの気候は異なると思うので、上海でも適したような激流下りになるのでしょうか。
かなり気になります。
また、爽快なグライダー飛行を楽しめるアトラクションは本当に爽快な気持ちになることができ、空中飛行をまるでしているかのような気持ちになること間違えなしです。
中国には香港ディズニーランドが既にありますが、最近では香港ディズニーランドも香港人や中国人に人気があり、混みあっています。
それでもって上海にディズニーランドができたら、いったいどうなってしまうことでしょうか。
中国はとにかく人の数が多いので、上海ディズニーランドが混みあうことは間違えないでしょう。
香港はまだイギリス色が残っていて、香港人は中国人と自分たちは違うという意識があるのでまだ不思議ではないのですが、上海だと思いっきり中国本土です。
中国にアメリカ文化が受け入れられるというのは何とも奇妙な感じがしてしまいます。
オープンしてしばらくは混んで大変なことになりそうなので控えたいと思いますが、落ち着いた頃に上海ディズニーランドに行ってみたいと思います。
posted by yoko at 16:00| Comment(0) | ディズニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする