2015年10月22日

インターネット高校が来年4月に開校

来年の4月にインターネットで授業を受けることができるN高等学校というものが開校するそうです。
このN高等学校は株式会社KADOKAWA・DWANGOが開校するそうです。
この高校の魅力的な部分は好きな時間に好きな授業を受けることができるということです。
レポートの提出もネットからできるそうです。
このN高等学校は全日制の高校と同じ卒業資格を得ることができて、ネット学習と年5日程度のスクーリングが主な学習内容だそうです。
パソコンやスマホで授業を受けることができて、全日制の高校と同じ卒業資格を取ることができるというのは非常に魅力的ですよね。
不登校や病気などの事情で高校に通えない人には朗報ですよね。
そして何より魅力的なものが授業の内容です。
あらゆる分野のプロフェッショナルから、ファッション・プログラミング・ゲーム・美容・調理など将来すぐ役に立つことを学ぶことができるそうです。
パソコンに疎い私にとってプログラミングを学ぶことができるというのはとても魅力的に感じます。
私は高校を出ていますが、プログラミングを学ぶためにこの高校に通いたいぐらいです。
このN高等学校だけでなく、インターネットで気軽に学ぶことができる学校が増えると、学びたい人にとって選択肢が増えるのでもっとこういったものが増えて欲しいと思います。
posted by yoko at 12:44| Comment(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

新しく発売されるiPhone6S

iPhone6Sga9月25日(金)に発売されます。
ってもうすぐですよね!!
iPhone6Sのカラーはローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレーの4色です。
その中でも私が気になったのはローズゴールド!!
私はピンクが大好きなので、まさに私のための色です。
iPhone6Sの画面サイズは4.7インチ。
容量は16GB、64GB、128GBの3種類あります。
iPhone6ShaiPhone6と異なり、3Dタッチができるそうです。
高さと厚み、重さは少しだけ大きくなっています。
そしてカメラの画素数はiPhone6が800万画素だったのに対して、iPhone6Sは何と1200万画素!!
iPhoneでカメラを撮る私にとっては画素数が半端なく良くなったのはとても魅力的です。
また、ビデオ撮影に関しても進化しているようです。
このようにカメラ部分で進化を遂げたiPhone6Sはカメラを携帯で撮る私なんかにとってとても魅力的なものではないでしょうか。

私が今使っているのはiPhone4Sです。
iPhoneを使い始めてからずっとこの子を使っています。
愛着がわいているので、新しい機種に魅力を感じてはいるのですが、特に変える必要もないかなぁとも思っています。
壊れたりしない限り、おそらくこのまま使い続けるような気がします。
ただ、容量が少なくて、写真を撮るとすぐにいっぱいになってしまうので、アプリをほとんどいれずに容量を節約しています。
そこが不満なところです。
他のスマホのようにメモリーカードで対応できるなら何にも問題ないのですが、容量だけが・・・。
もっとも写真を撮り過ぎているという噂もありますが、それは置いておいて。
携帯で写真を撮るのは本当に便利なんですよ。
デジカメはいちいち起動させなくてはいけないですが、携帯だったら撮りたい瞬間に写真を撮ることができます。
なので、デジカメは結局私は後回しになってしまっています・・・。
デジカメを毎日持ち歩くわけにもいきませんし。
ということでiPhone6Sが出るのは非常に楽しみなのですが、私は今のiPhoneが壊れない限り縁のない話のようです。
ラベル:iPhone6S
posted by yoko at 11:24| Comment(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

ハウステンボスの変なホテル

長崎にハウステンボスがありますよね。
私は行ったことがないのですが1度は行ってみたいと思っている場所です。
現在、ハウステンボスは旅行会社のHISが経営しています。
HISといえば旅行業しかしていないイメージがあるのですが、実はハウステンボスの経営もしていたんですね。
そのHISがハウステンボスに安い価格で宿泊することのできるホテルをオープンさせました。
その名も「変なホテル」。
名前からして変な感じがしますが、このホテルには特徴があってロボットが接客をするという画期的な運営方法のホテルなんです。
ホテルのフロントからポーターにいたるまでロボットが対応してくれるんです。
このホテルには人は最大10人しかいないそうです。
人件費が大幅に削減することができて、安い宿泊費のホテルが実現しているというわけです。
今後、このようなホテルが多く展開するようになるのでしょうか。
ロボットに「おもてなし」されるのは味気がありませんが、宿泊費が安くなるのであればそれはそれでアリだとも思います。
ホテルをただ宿泊するだけの場所と思えば、こういったロボットによるホテル運営はいいのかもしれません。
話題にもなりそうですし、是非泊まってみたいホテルだと思います。
posted by yoko at 13:00| Comment(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする