2016年10月05日

老後の生活費は夫婦で月30〜34万円が理想

老後に夫婦で月30〜34万円のお金があると、不自由のない理想的な老後の生活が送れるそうです。
こうした金額が出ているのですが、実際には年金でこの金額を補うことができるのかといったらできないと思われます。
この金額を年金で受け取るためには、夫婦で共働きで大学卒業から定年まで働き続けないともらえないような金額だといわれています。
そのため、このような金額を年金で受け取ることは現実的で難しいのではないでしょうか。
そうなると、若いうちから貯金して、老後に備えるしか方法はないかもしれません。
とはいっても、現実的には、老後のために貯金するということは非常に難しいのではないでしょうか。
毎月、カツカツで生活を送っている方が多い世の中です。
非正規雇用が増えているため、毎月生活するのがやっとの方が多くいるという現実があります。
そのため、老後のために貯金なんてとてもでないですが、できないのが現状ではないでしょうか。
少子高齢化が進んで、今の現役世代が定年した時に、今の年金受給世代のような年金がもらえるかどうかの保証もありません。
少子化が進めば、それだけ負担が大きくなってしまうので、今の現役世代が老後になった時には、年金がもらえるのが70歳からとか、金額が減っているとかになっていることが予想されます。
そういったことからも余計に、とてもでないですが、月30〜34万円を年金で補うということは不可能といっても過言ではないのではないでしょうか。
月30〜34万円を確保するためには、若い頃から貯金に励むしかないとは思うのですが、それも難しい現状ではお先真っ暗といった感じで、将来の先行きが不安でなりません。
posted by yoko at 11:32| Comment(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

高額商品の分割払いの魅力

当たり前ですが、家を現金一括で購入できるような人はめったにいないと思います。
なので、家は別として、自動車や家電などの高額商品を買おうとした時、現金一括払いができればいいのですが、そんなお金は持ち合わせていないことの方が多いのではないでしょうか。
そういった時に非常に魅力的なのが、分割払いというものです。
分割払いにすると、普通は手数料がかかってしまい、総額として多く支払うことになってしまうのですが、月々の支払いを少額に抑えることができ、それでもって、その商品を購入することができるので、高額商品を購入する時には、分割払いというのは非常に魅了的なものだと思います。
それを感じたのは実は私が自動車を見に行った時の話で、急いで欲しい、急ぎで必要というわけではなかったので、その場の雰囲気にのまれることなく、契約には至りませんでしたが、自動車となるとかなりの高額の費用が必要となります。
現金一括で支払えれば問題ないのですが、そんなにすぐに支払えるお金を持っているはずもなく、分割で見積もりを出してもらいました。
すると、何年も支払い続ける必要があるのですが、毎月の支払いをかなり抑えることができるんですよね。
これぞ、分割のマジックということで、非常に驚いてしまいました。
月々の分割にすると月あたりの費用を抑えることができるので、一見、お手軽に見えてしまいます。
しかし、手数料が含まれているわけですから、総額にすると、本来の代金よりかなり多い金額を支払うことになってしまいます。
分割支払いはそういったトリックというかマジックがあるので、本当に怖い物だと思ってしまいました。
やはりできれば、現金一括払いで支払いたいというか、支払うべきだと思います。
分割支払いを無理して支払うと、毎月の生活に支障をきたしてしまうので、それだけは止めるべきだと思います。
posted by yoko at 07:55| Comment(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

お金を貯めるためには

お金が貯まりやすい人とそうでない人がいるという話をよく聞くかと思います。
お金は淋しがり屋なので、お金がある人の方に好んでいくそうです。
そういった根拠のない話はさておき、お金が貯まりやすい人には特徴があると思います。
それは確実に毎月お金を貯めるように強制的にでも行っていることです。
おすすめなのが、銀行の自動定期預金などです。
これは勝手に引き落としがされて、定期預金にまわされますので、毎月決まった金額を貯金にまわすことができます。
定期預金の金利は期待できませんが、それでも確実にお金を貯めるということはできるようになります。
一方、お金が貯まらない人の典型は、毎月、余ったお金を貯金にまわすことです。
「余ったら」というのがポイントなので、毎月お金が余るとしても変動ができてしまいます。
それに金額に設定がないので、「今月はこれぐらい使ってもいいだろう」なんていう甘えも出てしまって、なかなかお金が貯まらないのが現実だと思います。
余ったお金を貯金にまわすのではなく、あらかじめ決めたお金を貯金にまわすというようなことをする方が確実にお金が貯まること間違えありません。
たとえ、1万円でも2万円でもいいので、毎月、決まった金額を自動定期預金か何かに設定して、貯金できるような制度に自分を追い込んでおくことをおすすめします。
posted by yoko at 06:09| Comment(0) | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする