2016年08月02日

キャッシングに慣れる怖さとは

クレジットカードを作る時にキャッシング枠をつけるかつけないか選ぶことになると思います。
キャッシング枠をつけなければ何も問題はないのですが、人によっては何かあった時に役に立つかもという軽い気持ちでキャッシング枠をつける人もいると思います。
キャッシング枠をつけると、その「何かあった時に」という気持ちがあって、どこかに安心感があるのがとても怖いと思います。
「何かあった時」のために、最初からキャッシング枠をつける必要はないんです。
もし「何かあった時」があったら、その時に考えればいいんです。
それを最初から「何かあった時のために」とつけておくと、そこに安心感が生まれてしまい、ちょっとした隙ができてしまいます。
キャッシングの怖さは慣れにあります。
キャッシングを初めてする時には、おそらく借金をするということに抵抗があって、借金をしてしまうことに罪悪感を覚えながらキャッシングをすることになると思います。
ところが、1回キャッシングをしてしまうと、それが意外に簡単で、「こんなに簡単にお金を借りることができるんだ」ということを経験してしまうことになってしまいます。
そうなると、もう大変です。
人は経験するかしないかで大きく異なります。
経験をしてしまうと、よくないことでもそれが経験値となってしまい、2回目以降にそれを経験することに抵抗がなくなってしまいます。
キャッシングの何が怖いかというと、「慣れ」です。
キャッシングをすることに慣れてしまうんです。
キャッシングはATMからお金が出てきます。
ATMからお金が出てくるのが、まるで自分のお金が出てくるかのような感覚に陥ってしまうそうです。
そのため、すぐにキャッシングをするようになってしまい、キャッシングをすることを止められなくなってしまうようです。
自分のお金かのような感覚になってしまうというのがまさに感覚が麻痺してしまうわけで、それがキャッシングが怖いという理由です。
自分のお金でなく借金にもかかわらず、自分のお金かのような感覚に陥ってしまうので、際限なくキャッシングをしてお金をATMから引き出すようになってしまいます。

こういったことからも、キャッシングは便利な機能だとは思いますが、絶対してはいけない行為だと思います。
キャッシングをするという経験をしないように、自分で防衛策をしておく必要があります。
今持っているクレジットカードにキャッシング枠がついているのであれば、それをなくすように手続きをすべきです。
キャッシングをして幸せになったという話は聞いたことがありませんので、キャッシングができなくなるようにすることをおすすめします。
posted by yoko at 11:00| Comment(0) | ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

多重債務者になったらおまとめローンをする方がいい?

お金が足りなくて、仕方なくお金を金融機関から借りるということをすることがあると思います。
そういった時にお金を借りてしまうと、それがクセになってしまって、それ以降、お金が足りなくなるたびに金融機関でお金を借りるようになってしまいます。
借金を繰り返すようになると、当然、借金の返済は大変になってしまいます。
そうなると、借金を返済するために、新たな金融機関から借入をして、それを借金の返済にあてるといったようなことをするようになってしまいます。
もうそうなってしまうと、いわゆる多重債務者という状態です。
借金を返済することで毎月頭がいっぱいで、生活に余裕がなくなってしまいます。
ただ、借金を返済するために、生活をするという生活をすることになってしまいます。
そうなると、何のために生きているかわからなくなってしまうことでしょう。
そんな中でよく聞くことというと、「おまとめローン」というものです。
色々な金融機関で借入をしている人が1つの金融機関にまとめることができるというものです。
このおまとめローンは果たしてお得なのでしょうか。
結論から言うと、おまとめローンをすると借金を圧縮することはできますが、借金がなくなるわけではないので、決しておすすめの方法ということはできないと思います。
借金を圧縮するのが目的であれば、これはこれでアリだとは思います。
でも借金自体がなくなるわけではないので、借金をなくしたいといったような方にはおすすめな方法であるとは言えないと思います。
そのため、おまとめローンを考えた時には、法的に解決できる債務整理についても同時に考えてみることをおすすめします。
posted by yoko at 08:59| Comment(0) | ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

お金を借りるなら計画的に

お金がどうしても足りないというような時があると思います。
クレジットカードなどで対応できればその場を乗り切ることができると思うのですが、どうしても現金が必要というような時があると思います。
そうした時に、お金を借りる場所として金融機関があります。
最近では銀行でカードローンというものがあって、カードローンは審査も簡単で、すぐにお金を借りることができてしまいます。
何よりも銀行というのが安心感があって、つい気軽に銀行のカードローンを借りてしまうという方も多いのではないでしょうか。
銀行といっても、カードローンと言う名前はついていますが、それは借金には違いありません。
カードローンという名前の借金です。
借金をしたからにはきちんと返済しなくてはいけません。
通常、借金をしたら、毎月決まった金額を返済していくことになります。
借金をする際は、毎月きちんと返済できるかどうかを考えて、計画的にお金を借りるようにしましょう。
まさに、カードローンのCM通りの文言になってしまいますが、計画的に返済できるというのがとても大切なんです。
計画的にということができなくなってしまうと、さらに他のところでカードローンなどでお金を借りて・・・といったようなことが起きてしまうので、お金を借りる時は計画的に返済できる範囲で借りるようにしていきましょう。
posted by yoko at 08:59| Comment(0) | ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする