2016年05月30日

まずは子ども向けのもので英語の聞き取りの練習をする

英語の聞き取りができなくて苦労している方も多いと思います。
私も英文は知らない英単語を飛ばしてですが、文法はわかるので、読むことができます。
でも、英語の聞き取りはまったくといっていいほど駄目です。
ネイティブが話すようなスピードの英語はとてもでないですが、聞き取ることはできません。
言っていることが速すぎて、英単語自体を聞き取ることができないため、何を言っているのかわからないのです。
まだ、英単語を少しでも聞き取るができれば、何となく言わんとしていることがわかる時もあります。
どうしても、英単語のつまみ聞きで、何を言おうとしているのか判断するしか私にはできないようです。
とはいっても、いきなりネイティブの速さの英単語を聞き取ろうとしても無理があるのかもしれません。
最初は、ゆっくりめの英語から聞き取る練習を始めるのが得策だと思われます。
ゆっくりめの英語といえば、子ども向けの英語などは勉強に向いているのではないでしょうか。
子ども向けであれば、使っている英単語も比較的簡単なものが多いので、聞き取ることができても英単語がわからなくて何を意味しているのかわからないということも回避することができるのではと思います。
posted by yoko at 10:51| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

英文の雑誌が読めるようになると世界が広がる

英語ができるようになるのは理想的ですよね。
英語ができなくて苦労することはあっても、英語ができて苦労することはないと思います。
英語ができると、英文の新聞や雑誌などを読むことができ、より情報を得ることができるようになると思います。
たとえ写真がたくさん載っている雑誌であっても、英文が並んでいるのを見るだけで読む気がなくなってしまいますよね。
写真がステキなものだと、書英文にもステキなことが書いてあるんだとは思うのですが、英単語力が豊富でないと英文をスラスラと読むことはできないと思います。
つっかえつっかえ英文を読んでいると、まるで英語の勉強をしているような感じがしてしまって、楽しんで読んでいるような気にはとてもなれないですよね。
英文がスラスラ読めるようになるためには、まずは単語力をつけることが必要だと思います。
英単語がわかれば、何となくそこに何が書かれているのかわかると思います。
英単語を覚えるのにも優先順位があります。
優先順位の高い英単語は、名詞と動詞です。
形容詞などの英単語はとりあえず後回しでもいいと思います。
名詞と動詞さえ何とかなれば、英文が何を言おうとしているのかということが何となくわかるかと思います。
自分の世界を広げるためにも、英語はやはりできるようになるのが理想的だと思います。
posted by yoko at 12:00| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

英語のリスニングができるようになるとかなり便利

英文は読めても、リスニングが苦手という方は多いのではないでしょうか。
どうしても日本の英語教育は英文法に力を入れてしまっていますので、普通に学校で教育を受けるだけでは英文は読めるけど、リスニングは苦手という方が多くなってしまうと思います。
でも、実際に社会に出たり、海外旅行に行ったりすると、英文も読める方がもちろんいいのですが、リスニングがどれだけできるかどうかというのが大きいポイントだということに気が付かされることになると思います。
相手やまわりが言っている言葉が英語で何を言っているのかわからないことには話にならないと思います。
やはりリスニングはできるようになることが理想的です。
リスニングができれば、何を言っているか理解できるようになって、世界も広がると思います。
自分のためにもリスニングができる方が有利であることは間違えありません。
とはいっても、大人になってからリスニングができるようになるのは、子どもが勉強するのと違い、吸収するのは現実的になかなか難しいことだと思います。
やはり子どもの吸収力にはかないません。
そのため、リスニングの勉強で苦労していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
そのような方におすすめしたいのが、「祐樹式リスニング戦略ラーニング講座」です。
何と6か月で英会話がわかるようになるという英会話の決定版教材です。
英文法の知識は一切不要なので、英語自体が苦手という方にも取り組みやすい教材となっています。
リスニングができて損と言うことは決してありません。
今からでもリスニングができるように是非、「祐樹式リスニング戦略ラーニング講座」でリスニングの勉強をしてみてください。


posted by yoko at 09:32| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする