2016年11月15日

イタリアで離婚が急増

イタリアでは、2015年の離婚は8万件を超え、前年比57%増となったそうです。
57%増とはすごいですよね。
びっくりしてしまうような数字だと思います。
このように急増した背景には法改正があるようです。
イタリアでは離婚するために、3年の別居期間が条件だった離婚手続き開始を、場合によっては半年にする法改正があったため、離婚する条件が緩やかになったことが離婚が急増した背景として考えられるそうです。
半年の別居で離婚ができるとなると、それは増えるはずだと思ってしまいます。
半年というのは少し期間が短いのではないでしょうか。
でも、別居することが条件の1つにあるということですから、その点は日本とは異なるものだと思います。
日本では別居していることは離婚の条件には含まれていません。
しかし、イタリアでは別居することが条件に含まれているため、別居をしなくてはいけないということになります。
とはいえ、前年比57%増というのはいくらなんでも増えすぎなのではないでしょうか。
そんなに隠れ離婚予備軍がいたということでしょうか。
せっかく縁があって結婚をしたのですから、そう簡単に離婚しないようにしてもらいたいというのは、国は関係なく思ってしまいます。
どうしても仕方がない時にだけ離婚はしてもらいたいものです。
イタリアで気軽に離婚ができるということでカジュアルに離婚というのはやめてもらいたいと思います。
こういう悪い流行りはどうしても日本にも上陸しかねないので、日本でも離婚がブームにならないことを祈るばかりです。
posted by yoko at 10:52| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

ニュージーランドで地震

ニュージーランド南島でマグニチュード7.8という地震が発生したそうです。
今のところ、2人が死亡し、多数の負傷者が出ている模様です。
震源地はクライストチャーチの北方約90キロに位置するハンマースプリングスとのことです。
震源地を含むカンタベリー地方には邦人約3000人が住んでいるそうですが、日本人の被害は確認されていないそうです。
それにしても、地震が世界各地で多く起こっていると思います。
地震はいつ来るかわからないので、怖いですよね。
日本は特に地震大国といわれるぐらい地震が多いので、いつ大きな地震が来てもおかしくない状態だと思います。
南海トラフや首都直下型地震などもいわれていますので、大地震がいつ来ても逃げられるように災害時のための持ち出し袋などを用意しておく必要があると思います。
という私も、そういった持ち出し袋を全く用意していないので、これでは駄目だと思っています。
災害が起こってから、逃げるために物を家の中で探してそろえているようでは、遅いですよね。
どこに何が置いてあったかそんなに覚えていないですし、大地震が来てしまったら、家の中はぐちゃぐちゃになってしまって、物を探すどころではないと思います。
そういったことからも、いつ地震が起きてもいいように、持ち出し袋は用意しておく必要があると思います。
私も今後の災害のために、早急に持ち出し袋を用意しようと思いました。
posted by yoko at 10:47| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

高齢者ドライバーによる事故が多発

高齢者ドライバーによる事故が多発しています。
高齢者になると、運動神経がどうしても鈍くなってしまうので、普通の人よりどうしても事故を起こしやすくなってしまう傾向にあるようです。
高齢者といっても、幅が広いので一言では言えませんが、運動神経が鈍くなったと自分で感じたら、運転免許証を返却するぐらいの勇気と自覚を持ってほしいと思います。
とはいえ、田舎の方にいくと特に車しか足がないことが多いと思います。
車という足がなくなってしまうと、生活に支障をきたしてしまうということ事実としてあります。
足がなくなってしまうと、家に引きこもりがちになってしまい、ボケなど認知症になってしまう可能性が高くなってしまうという現実もあります。
都会であれば、車がなくても電車などで買い物や出かけることができるので運転を自粛してもいいのでしょうけど、田舎だとそのようなきれいごとを言っていられないというのもあるのかもしれません。
とはいえ、自己を起こしてしまっては元も子もありません。
自分が加害者になってしまうというのを忘れないで欲しいです。
人を殺してしまう可能性もあるわけですから、高齢者になったら運転は危ないと自粛して最低限に控えるようにするなど工夫をして、少しでも高齢者による運転事故を減らせるようにしてもらいたいと思います。
posted by yoko at 12:02| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする